Good Driving Okhotsk.

グッド ドライビング オホーツク。ドライブと写真が好きな筆者が、北海道オホーツクの魅力的な風景や撮影場所を紹介しています。

9月の月

9月は中秋の名月もあり、なんとなく月を撮りたくなる月です。

撮影した時期は知床の方で撮影の仕事があり、帰りが遅くなる日が数日続いた。

帰りが遅くなる日は、天気が良かったら星や月を撮ろうとそんな道具も持って出るのですが、良い場面と出くわす、こんな日に限って時間がないということは時々あるもので、この日はそれどころか、フルサイズのカメラを持っていなかった(笑)

帰ったら夜の撮影がもう一件あり、その仕事用に道具を詰めたカメラバッグを自宅の玄関に置いて出て、そっちに入れてあったのだ(笑)

■写真:夕方の月:大空町女満別:9月撮影

f:id:good_driving:20190916084502j:plain

使用機材:Canon EOS 7D Mark II + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM/Contemporary

そんな帰り道、雲の向こうから月が出始めていることに気が付きロケーションの良いところを探して撮影。

夕方のまだ暗くなる前の月、畑も見えていて良いタイミングでした。
時間がなかったので、手持ち撮影でサッとしか撮れなかったが、なかなかの風景でした(^^)

■写真:夕方の月:大空町女満別:9月撮影

f:id:good_driving:20190916084508j:plain

使用機材:Canon EOS 7D Mark II + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM/Contemporary

 

もう少し雲と月が近いと尚よかったなと思いながら、高倍率ズームの手軽さに甘えて撮影(^^)
フルサイズだともっと大掛かりな道具をセットして撮影しなきゃならないが、手軽に撮影できるのもAPS-C+高倍率ズームの利点かな(^^)
最近の高倍率ズームは、なかなか馬鹿にできない写りで現場によってはその方が荷物も減って有難い。
画質を考えるとフルサイズでしっかり撮りたかったですけどね(^^)

■写真:月暈:トウフツ湖水鳥湿地センター付近:9月撮影

f:id:good_driving:20190916084525j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

明くる日も帰りが遅くなるし、中秋の名月ということもあり、しっかり道具を積んでいた(笑)

それなのに、雲が掛かっていたので諦めて真っすぐ帰ろうかと思ったが、よく見ると月に輪ができていて月暈となっていた。

広く撮ることになると周りの風景も入れたいので、帰り道から少し外れるがトウフツ湖に寄った。

■写真:月暈:トウフツ湖水鳥湿地センター付近:9月撮影

f:id:good_driving:20190916084459j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

畑とかだと時間的にただの黒になってしまうので、水辺を選んだわけですが正解でした(^^)
残念だったのは写真左の斜里岳

もっと早い時間なら月と近かったので存在感のある位置に持ってこれたかな~。

■写真:中秋の名月大空町:9月撮影

f:id:good_driving:20190916084520j:plain
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + SIGMA 150-600mm f5-6.3 DG OS HSM/Sports +1.4x

道具は準備してあったが、結局、帰ってきてから少し雲が晴れたすきを狙って撮影した中秋の名月
 

撮影地:濤沸湖付近

Google マップ

網走のサンゴ草群生地

網走の卯原内(うばらない)はサンゴ草の群生地としては国内最大規模

オホーツクでは麦刈りが終わり、写真的にも畑の風景が落ち着くころサンゴ草が色づき始めます。
例年9月が見ごろで多くの観光客でにぎわっています(^^)
サンゴ草という名で親しまれるアッケシソウ(厚岸草)は汽水湖などの塩湿地となる部分でよく見かける植物。
オホーツクはそういった湖が多く、こっちの方ではあちこちで見るサンゴ草ですが網走が規模も大きく広い駐車場もあるので人気です。

■写真:サンゴ草:網走市卯原内:9月撮影

f:id:good_driving:20190913061858j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

朝夕の斜光がサンゴ草の立体感を際立たせ、低い太陽の光がサンゴ草をより赤く見せてくれます。

■写真:サンゴ草:網走市卯原内:9月撮影

f:id:good_driving:20190913061913j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

群生地を復活させるための工事の跡が人工的なラインを作っているので、うまく使うと良い。

■写真:サンゴ草:網走市卯原内:9月撮影

f:id:good_driving:20190913061902j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 180mm f2.8 APO MACRO EX DG HSM

クローズアップするとこんな形です。

■写真:サンゴ草:網走市卯原内:9月撮影

f:id:good_driving:20190913061905j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 180mm f2.8 APO MACRO EX DG HSM

水面に映った空がサンゴ草の赤を際立たせている。

■写真:サンゴ草:網走市卯原内:9月撮影

f:id:good_driving:20190913061908j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF24-70mm f2.8L Ⅱ USM

 

青空とサンゴ草の赤がいい感じです。
青空の日に来たい場所の一つですね~(^^)

9月いっぱいは楽しめそうです。

撮影場所:網走市卯原内サンゴ草群落地

Google マップ

 

 

 

ブラック・アウトの星空

2018年の北海道胆振東部地震から1年

星空が奇麗な時期で月明かりも無いので、僕は星空を撮りに行こうと昼間のうちに買い物を済ませたりバッテリー関係の充電をしたりして、ひと眠り。
深夜に起きて撮影に出るつもりで早寝をしたのですが、何だか寝過ごしてしまい3時ごろ目が覚めた。
もしかしたら、地震で目が覚めたのかもしれないが、起きたらちょうどガタガタと揺れていた。
明るい時間ならダンプかなと思う程度の揺れだった。

そして、テレビも照明も点かず停電に。
スマホのニュースで震源地は胆振の方で大きかったようだということは分かったが、文字だけの情報だったので、どれだけの被害があったのかもわからないし、オホーツクの方まで停電になるとはただ事ではないと、ちょっと寝坊したのもあるが撮影に出るのはやめにして、そのままスマホで情報をあさり朝を迎えた。

昼間乾電池で動くラジオを調達して、ようやく見えてきた。
こっちの方は停電が復旧したら、何とか日常を取り戻せそうであった。

翌日の夜は記録までに周辺の夜空を撮ることにして出かけたが、信号が消えているので近所で撮影するにとどめた。 

■写真:ブラック・アウト:大空町女満別:9月撮影

f:id:good_driving:20190906182653j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS +  TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

女満別空港線

セブンイレブンの看板も消えている。

普段星が見えないようなところを撮影することにした。 

■写真:ブラック・アウト:網走市:9月撮影

f:id:good_driving:20190906165026j:plain

 使用機材:Canon EOS 5DS +  TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

網走の繁華街。
意外と車が走っていて、車が通りすぎるのを待って撮影した。
どこかで動いている発電機のエンジン音が静かな繁華街に響いていた。 

■写真:ブラック・アウト:網走市:9月撮影

f:id:good_driving:20190906165040j:plain

 使用機材:Canon EOS 5DS +  TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

同じく網走の繁華街。
懐中電灯を持っていたので、うっすら看板が見えるように照らした。 

■写真:ブラック・アウト:網走市:9月撮影

f:id:good_driving:20190906165233j:plain

 使用機材:Canon EOS 5DS +  TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

網走の西山通。
すぐそばのエコーセンターが災害対応をしていて周囲は明るかった。 

■写真:ブラック・アウト:網走市:9月撮影

f:id:good_driving:20190906165050j:plain

 使用機材:Canon EOS 5DS +  TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

国道39号、網走開発建設部のすぐそばの歩道橋から。
建物の明かりが横から道路を照らしていた。

時々星空を撮るがこの時ほど星が綺麗に見えたことはなかった。

この日の星空は被害にあわれた方々の悲しみを、いくらかでも和らげてくれたのだろうか。
多くの人々の不安を和らげるような星空ではあったと思う。
それぐらい多くの人がこの日の星空を話題にした。

一年が経ちましたがテレビを見ていると、まだ復旧に時間がかかるところもあるようです。
一日も早い復旧を願います。