Good Driving Okhotsk.

グッド ドライビング オホーツク。ドライブと写真が好きな筆者が、北海道オホーツクの魅力的な風景や撮影場所を紹介しています。

オホーツクの秋:大空町東藻琴

 落葉松が色付く晩秋が美しい。

 落葉松林が多い地域は晩秋の頃がとても美しい。
秋の始まりから紅葉を追いかけていると、晩秋のころには少々気持ちが緩んで家から出ないことも多いが、落葉松林が多い地域は一番美しい秋の時期が晩秋だと思う。

ほかの木々の葉がほとんど落ちたころにピークを迎える。


■写真:晩秋の風景:大空町東藻琴:11月撮影

f:id:good_driving:20191109083242j:plain

使用機材:SONY α7 Ⅲ + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

藻琴山登山道入り口付近からの眺め。
厚い雲の影が程よく入ってくれた。

 

■写真:晩秋の風景:大空町東藻琴:11月撮影

f:id:good_driving:20191109083247j:plain

使用機材:SONY α7 Ⅲ + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

 同じく、藻琴山登山道入り口付近からの眺め。

 斜里岳山頂には雪が積もっている。

 

■写真:晩秋の風景:大空町東藻琴:11月撮影

f:id:good_driving:20191109083255j:plain

使用機材:SONY α7 Ⅲ + Canon EF24-70mm f2.8L Ⅱ USM

 東藻琴市街地から見た藻琴山

落葉松が色づき秋らしい風景となった。

 

■写真:秋の星空:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083239j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF24-70mm f2.8L Ⅱ USM

 ちょっと郊外に行くと星空がきれい。
道路を懐中電灯で照らしてアクセントにした。

 

■写真:冬毛のキタキツネ:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083718j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

 キタキツネが冬毛になり暖かそう(^^)

 

■写真:霜:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083721j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 180mm f2.8 APO MACRO EX DG HSM

 早朝には霜が降りていることもあり寒いが良い被写体となる。

 

■写真:晩秋の風景:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083735j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

三種類の木が華麗に並んでいた。

 

■写真:サケの遡上:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083739j:plain

使用機材:Canon EOS 70D + SIGMA 17-70mm f2.8-4 MACRO DC OS HSM/Contemporary

藻琴川には鮭が帰ってくる。

海から結構距離があるが、こんなところまで川を遡って来る。

  

■写真:サケの遡上:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083744j:plain

使用機材:Canon EOS 70D + SIGMA 17-70mm f2.8-4 MACRO DC OS HSM/Contemporary

鮭は海と陸の生命の循環をつなぐ大事な役割もある。
我々も戴くが鳥や動物たちの命を支え、最後には土に還り海の養分が大地にもたらされ、豊かな自然のサイクルを作る。

 

■写真:晩秋の風景:大空町東藻琴:10月撮影

f:id:good_driving:20191109083748j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

白樺と落葉松。
北海道の秋の共演が美しい。

オホーツクの秋:女満別

抜けの良い平坦な地形が魅力。

大空町女満別は農業が盛んで市街地周辺に畑が多くオホーツク空の玄関口である女満別空港がある事もあり、平坦な地形が多い地域。
美瑛などの丘陵地帯の風景とは趣が違うが、少し高いところに上がると、遠くまで続く抜けの良い風景が広がる。

 ■写真:落葉松の黄葉と藻琴山大空町女満別:10月撮影

f:id:good_driving:20191102072116j:plain

使用機材:Canon EOS 5DmkⅡ + SIGMA 70-200mm f2.8 EX DG HSM

 町のシンボルでもある藻琴山が麓からきれいに見えていた。
北海道といえば白樺やこの落葉松(地元ではラクヨウと呼ばれている。)

全体的に黄色いのがオホーツクらしい秋の風景かと思う。

 ■写真:大空町住吉牧野の秋:大空町女満別:10月撮影

f:id:good_driving:20191102072704j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 120-300mm f2.8 DG OS HSM/Sports

 オホーツクは酪農も盛んで広大な牧場がほとんどの町にあり、牧場沿いの道路脇から見える風景が印象的です。
起伏にとんだ地形は見る場所で印象が違うのも面白い。

 ■写真:白鳥:大空町女満別:10月撮影

f:id:good_driving:20191102074216j:plain

使用機材:Canon EOS 7D Mark Ⅱ + SIGMA 120-300mm f2.8 DG OS HSM/Sports

 秋が深まるころには網走湖女満別湖畔には白鳥が飛来して羽を休めている。
氷が張るまでのエサが取れる期間は比較的出会いやすいのでおススメです。

撮影地:大空町住吉牧野付近

オホーツクの秋:留辺蘂

創造の森の秋 

道東の秋の風景というと真っ赤な紅葉のイメージではないのですが、温根湯の奥の方に創造の森というスポットがあり、真っ赤に色付くモミジが綺麗。
池の周りには木道があったのですが災害などで傷んでしまったようで池の周りにはロープが張ってあった。(2019)

写真愛好家に人気のスポットで紅葉と滝を絡めた写真が定番です(^^)

■写真:初秋の風景:留辺蘂創造の森:10月撮影

f:id:good_driving:20191024100900j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF24-70mm f2.8L Ⅱ USM

 10月の初めに行った時の状況。
もう少しと言ったところだ。 

■写真:紅葉:留辺蘂創造の森:10月撮影

f:id:good_driving:20191024100904j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 120-300mm f2.8 DG OS HSM/Sports

 10月初め全体的には早かったので色付きの雰囲気が良い部分を望遠で切り撮る。  

■写真:枯れ木と紅葉:留辺蘂創造の森:10月撮影

f:id:good_driving:20191024100857j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 180mm f2.8 APO MACRO EX DG HSM

 枯れ木だろうか、葉がついていない木があった。
周囲の木々の紅葉が背景になるように枯れ木の存在感を出してみたが派手な色は強いですね~。 

■写真:滝つぼの落ち葉と紅葉:留辺蘂創造の森:10月撮影

f:id:good_driving:20191024100909j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + TAMRON SP15-30mm f2.8 Di VC USD

夕方薄暗くなってからの撮影。
超広角でスローシャッター。
広角だとそれなりに開けなくては、このような写真にならない。

フィルターを着ければよいのだが、このレンズはフィルターが付けられないのだ(笑)
なので薄暗い時間を選んでこの日は2度目の撮影だった。

 

■写真:落ち葉:留辺蘂創造の森:10月撮影

f:id:good_driving:20191024103722j:plain

 使用機材:Canon EOS 5DS + SIGMA 180mm f2.8 APO MACRO EX DG HSM

 水面の落ち葉。

 

■写真:秋の白花豆畑:留辺蘂:10月撮影

f:id:good_driving:20191024100854j:plain

使用機材:Canon EOS 5DS + Canon EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM

白花豆の栽培が盛んな秋の留辺蘂では収穫された豆が乾燥のためニオ積みされている。

撮影地:留辺蘂創造の森

Google マップ